はじめに、僕の作文を読んでね! この世に生まれて、幸せだった事書いたんだわーい(嬉しい顔)

2006年02月11日

天国への招待状?

かんきち、まだまだ空は冷たい空気があるようですが
あなたのいる所は暖かいですか?
風邪ひいてないでしょうか?
そっちには、ママの子たくさん居るけど。。
やっぱり1番心配なのは、かんきちだよ。。

そそ、こっちはね、かんきちのお姉ちゃんの
「つぼみ」と「きなこ」がリンパ腫でね、
神様から招待状をいただいたみたいだよ。
元気にしてて、招待状はママには見られまいとね
しっかり握り締めていたみたいよ。。
夢ーちゃんも脾臓に何かあるんだって・・
みんなそんな大事なこと、ママに隠して・・
元気にしてますよ。
かんきちはさ、神様との約束をさ、咳とか熱とかでさ、ママに教えてくれたよね?「こんなんもろたー」って招待状も見せてくれたよね?
だけど、お姉ちゃんお兄ちゃんは凄いよ!
ママに見せると悲しむからって内緒にしようとしてるのよ。
だけどね、ママが見せないって言ってるお姉ちゃんたちの手をね
こじ開けて見ちゃったんだ・・・
折角、かっこよく逝こう、なるべく苦しくないようにって神様と相談して決めた道があるのに・・・
ママが医学と称するものに手を借りて、その道を壊してしまっていいのか?考えてしまいます。
だいふく兄ちゃんはもうすぐ6歳半です。
もしかしたら招待状持ってるかもしれないのよ。
だけどね、純君のお母さんと話してね・・・・・
「必死で悟られまいと隠してるなら、見ちゃいけない、こじ開けちゃいけないよ」って言う事になったんだ。。
お兄ちゃんもみんなママの子・・・
どうしても辛くなったら、見せに来ると思うんだ(*^_^*)
それまで、ママは待ってようと思う。
かんきちが見せてくれたように・・・
その時まで、何も知らずに楽しく暮らそうと思ってるんだ。。
かんきち、春はもう直ぐだよね?

そそ、こないだちょびらが熱だしたよ!!
原因不明、一晩だけの熱・・
ちょうどかんきちが3年前に始めて熱出した日だったよ。。
かんきち・・忘れたりしないよ。。

【かんきちへの思い・・の最新記事】
ニックネーム おこたん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | かんきちへの思い・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

いつかのメリークリスマス・・

♪いーつまでも手をつないで〜
  いられるような気がしてた〜♪


かんきちともそんな風に思っていた・・
かんきちの手を離しさえしなければ、何処にも行かないと・・
ADに奪われるのはイヤだった・・
だけど、奪っていったさ・・

♪な〜にもかもが煌いて
  がむしゃらに夢を追いかけた〜♪


今までにもね
辛いと思っていた別れはたくさん有った
恋愛の末の別離もそうだ
だけど・・
かんきちと別れて
辛い別れなんか今までになかった事知ったよ
かんきち・・・
今でも会いたいよ。。
かんきちが居たところには
ちょびらのタワーが立ってるよ
そこを開けておく事ができない
何かかんきち以外の物置かないと
生きていけない・・
それでも、毎日。毎日。。
かんきちの走る姿が見えるよ・・

♪色あせた、いつかのメリークリスマス♪

ニックネーム おこたん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | かんきちへの思い・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

かんきちへ・・

あなた逢えなくなって
1年以上の時間が、日々が過ぎました。
ママは、いまだに泣きます。。あなたに逢いたくて。。
かんきち?天国で元気にしてますか?
最近まふゆ姉ちゃんもそっちに逝きましたよ。
逢えましたか??
もうそろそろ、ママに抱っこされにこの世に戻ろうとしてたりしないか?心配です。。
ママ大好きだったもんね。。
ちょびらも凄く寂しいみたいだし・・
心配で帰ってこようと思ってませんか?

かんきち、まだ早いみたいですよ。。
フェレットの医療はまだまだ遅れています。
かんきちの病気だって、まだ治るものにはなっていません。
1年もたつのに、まだまだです(ノ_・、)
かんきちが戻ってきてもいいよって時は
ママ大きな声で呼ぶから、それまで天国で
楽しい日々過ごしていてください。。

そそ、かんきち?よ@こ先生ね
来年お母さんになるんだって。。(*^_^*)
お仕事お休みしてるよ。。
可愛い赤ちゃんが生まれるといいね(*^_^*)
また、手紙書くね。。
ママ、頑張るから、かんきちも頑張ってね!!
ニックネーム おこたん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

かんきち1周忌・・・

あれから1年が過ぎました。
思いっきり泣いて、死にたいほど泣いて、
涙を止めるつもりもなかったあの日・・・
他に子供達が居なければ、私も逝きたかった・・

1年経てば忘れてしまうと思います。
ましてや他所のお家の、実際に見た事もない子の命日なんて。。
なのに友達からもたくさんメールいただきました。
「かんきちくん一周忌だね」って・・
昨日、病院でも、かんちゃん1年って話してました。
ありがたいことです。。
本当に幸せ者だと思います。。

今日は、小さなブリザードフラワーを奮発しました。
かんきちが生きたこと、私のこの思い・・
みなさんの思い・・
枯れないように、いつまでもと思いを込めて・・・

DSCF1834.JPG

この1年、本当に忘れた日は悲しいくらいなかった。
今日だって、悲しいくらい覚えていて・・
去年の今朝は、酸素圧縮機がシュポー、シュポーって。。
10時ごろ、病院に電話したんだ・・とか・・
そして、そして・・・
やっぱりどんなに偉くて頑張って亡くなったとしても

生きてて欲しかった・・・
生きてて欲しかった・・

このページをご覧になってくださった方・・
星に祈ってやってください。。
これからもずっと幸せでいるようにと・・

ニックネーム おこたん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

少しずつ・・・

photo16.jpg
かんきちの闘病記録をUPしていきたいと思っています。

我が家に来たのは、2003年1月1日でした。
元気なミスティックのボブテイルの男の子で、仲間13人(フェレ)に囲まれて、すくすく育ち、03年2月AD発病・・
その頃はADなんて病気もあまり知られておらず、発病=死亡という恐ろしい病気でした。
富岡動物病院の富岡先生、東大の三輪先生、EPCの霍野先生(主治医)、眼科の小野先生、皮膚科の永田先生、循環器の藤○先生、中馬先生など、たくさんの先生のお世話になり、何度も危機を乗り越え頑張ってきました。
2004年3月にはちょびら(猫)って言う弟も出来て、それはそれは立派なお兄ちゃんにもなりました。

だけどかんきちは、04年12月3日・・・
私達全てを置いて、天使になってしまいました。
半年が過ぎて、やはりかんきちの頑張った記録は残そうと思い、ブログを立ち上げました。
同じ病気のフェレちゃん、病名は違っても、闘病してるフェレちゃんの励みになればと思っています。

ニックネーム おこたん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべての出来事に、感謝して・・・

僕が、ママのお腹の中で、命を貰った時、神様がちょっと油断したすきに、病気という物まで貰ってしまったらしい??
神様は、僕をこの世に生まれさせるか悩んでいた。生まれても直ぐに死んでしまう病気だったから・・・・・
神様に聞かれた・・「君はどうしたい?」僕は「ママのお顔は見たい」って答えた。
神様は「直ぐにさよならでもいい??」って僕に聞いたよ「がんばる!がんばるからママの顔がみたい、おっぱいが飲みたい」って答えた。
まだ、「がんばる」って意味も知らなかったんだ・・・
僕は、ママのお腹の中で、すくすく育った!そして生まれたんだ。
AD(アリューシャンミンク症)という病気と一緒に、元気に生まれたんだ!!
続きを読む
ニックネーム おこたん at 20:13| Comment(20) | TrackBack(0) | かんきちの作文(あいさつ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

12月4日お見送り星になるために・・

DSC02368.JPG

たくさんのお花が友達から連日届いた。
かんきちの事を応援してくれてた友達が
こんなにもたくさん・・・
傷心しきって横たわっていた私・・・
御花が届くピンポンで起こされ、泣き止まされ・・
受け取る事が1日のなかでしなければいけないことになってたよ

ADの仲間はたくさんいる。
かんきちは最年長で頑張っていた。
その希望の星が消えて、本当の星になったこと
動揺もかなりあったはず。
同じADでもね、かんきちの症状は、後遺症は決して2歳になれるものではなかったって先生たちが言う。。

だけど、亡くなってしまった事が霍野先生にとっても
残念で仕方ないと・・・
『僕はかんちゃんに何もしてやれなかった・・かんちゃんを救えるのは神様しか居なかったんだよ、だけど今回も神様がかんちゃんを救ってくれるって僕は信じていたのに。。信じていたんだ・・信じて・・』
獣医が言うべき言葉ではないかもしれない
それでも、かんきちが生きてきた事、奇跡としか言えないことだらけであったこと、信じられないくらい頑張ったかんきちが居た事は
誰もが認めてること・・・

そして私は・・・

『僕は、がんばる!』

と言う作文を書くことになった。
続きを読む
ニックネーム おこたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

かんきち最期の日・・・(12月3日)

DSC02345.JPG
夕べから、呼吸状態が益々悪くなっていた。
それでも、かんきちの場合は、その状態を普通として生活に慣れていくしかない!そんな風に思っていた。
いや、思おうとしていた。獣医学の全てを持ってしても、かんきちの状態が改善されないんだから、そう思うしかないんだと自分に、かんきちに言い聞かせるように・・

続きを読む
ニックネーム おこたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

11月29日(960g)

呼吸数がかなり増えてきた、90〜120回/分だって、かなり苦しそう。。
前日には、寝てる時にチアノーゼが出て、簡易酸素?を嗅がせて、気管支拡張剤を与えたくてネブライザーして、また酸素を嗅がせて、やっとお鼻がピンクになった。
霍野先生に報告。。。
チアノーゼが出たら、夜間緊急でも良いから、病院に行くように言われた。。
内服薬に気管支拡張剤が追加になったよ(*^_^*)
1回分は注射で入れてもらった。
夕べチアノーゼが出たから、不安で、今日はタクシーで病院に行った。酸素ボンベもしっかり持って・・・・

夕方まで様子見るも、呼吸数が減らない(TT▽TT)ダァー
富岡先生に緊急時お世話になる事が有るだろうと思って、夕方受診・・・
状態を知りたいって事で、レントゲンを撮った、やはり真っ白!
富岡先生が、これじゃぁ苦しいだろうって、酸素ボンベを貸してくれた。
在宅酸素の始まり!少しでも、酸素の取り入れが楽になって、呼吸が楽になってくれたらいいな〜〜♪
続きを読む
ニックネーム おこたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

11月22日(980g)

飲水量・排尿量ともに落ち着いて、咳も落ち着いてるから、レントゲンを先に撮ってもらったら、肺の画像が良くなってるのでは?と言う気がした。
それで良くなっていれば、抗生物質が効いてるから、肺炎って事で、リスクの高い検査はしなくても良いのでは?と思ったりしていた。
霍野先生に言ったら、たぶん変わっていないと思うよ、だし、検査は一度した方が良いとおもうよと言われた。
納得がいかないならば、先にレントゲンを撮ってク@タさんが判断しても良いけど(;¬_¬)って・・先生は今後の治療まで考えて、今の状態だけの緩和という事じゃなくて、検査が必要と思っていたことが解り、検査をしてもらう事にした。
続きを読む
ニックネーム おこたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする